専門病院でほくろ除去する【はじめにカウンセリングを受ける】

  1. ホーム
  2. 整形でなりたい自分になる

整形でなりたい自分になる

医者

怖くない痛くない整形

整形の中でも気軽に受けられて、痛みも少ない施術といえばほくろ除去です。除去の流れは一般的な整形とそう変わらず、クリニックへ予約、診察を経て、施術を行うというのが一般的なフローといえるでしょう。整形クリニックにもよりますが、大抵の場合は診察の予約をしてカウンセリングを行った当日にほくろ除去の手術を受けることも可能です。ヒアルロン酸注射やボトックス注射のような整形とは異なり、除去した後をシミュレーションする必要が殆どないため、スピーディーに行われるのがほくろ除去手術の特徴的な部分でもあります。施術をする際にはほくろ周辺への麻酔注射をし、麻酔が効いた状態でほくろ除去の手術が始まります。1日にほくろ除去できる箇所はクリニックによってことなりますが、一度に複数箇所の施術を受けられるケースがほとんどです。一般的には術後はほとんど痛みを感じませんが、メスを使って切除する整形方法の場合には痛みや腫れを感じる可能性もあるでしょう。また、手術が終わった後は絆創膏や小さな肌色のテープを施術箇所に貼るため、施術箇所がたくさんあるとやや目立つかもしれません。できるだけ何回かに分けて受けたほうが人の目も気にならず、また肌そのものへのダメージも少なくて済むでしょう。どのような整形にも色々な術式があるように、ほくろ除去の方法にもさまざまな種類があります。ほくろの大きさや深さ、盛り上がりの有無によってどの術式が適しているかが異なるため、自分がどの除去方法を選ぶべきかは医師と相談するのがベターです。最も有名な方法のひとつと言えるのはレーザーの除去で、通常は平坦なほくろ除去に使用されますが、炭酸ガスをつかったレーザー治療なら盛り上がっているほくろの除去もできます。電気・高周波メスなどをつかった方法であれば、レーザーでは治療できないような盛り上がったほくろの除去も可能で、傷跡が残りにくいと言えるでしょう。根が深いホクロやサイズが大きな物は、皮膚をくり抜いて除去する方法か、切除と縫合を組み合わせて戻す方法の2種類があります。レーザーやメスでは取り切れなかったものや、1cmを超えるような大きなサイズの場合には切除やくり抜きなどでなければ対処できないこともあるのです。このようにほくろ除去の方法は多岐にわたりますが、それぞれの特徴や費用は全く違うものです。予算や痛みの度合いだけで選ぶのではなく、自分に適した方法を選んでもらうことが除去手術を受けるにあたっては最も重要なことといえるでしょう。